美容皮膚科でのほくろ除去

顔にたくさんのほくろができて、他人の視線に悩んでいる方は多くいます。美容皮膚科では、そんなほくろの悩みを解消することができる炭酸ガスレーザー治療を行っています。これは、主に突起のあるほくろ除去に有効とされる治療です。炭酸ガスレーザーは、水に吸収されやすい性質があります。

なので、ほくろに照射することで、細胞に含まれている水分に反応して熱を発生させることができます。その熱によって、内部からほくろを温めて瞬間的に蒸散させて除去ができます。この美容皮膚科でのほくろ除去治療では、術前にクリーム状の局所麻酔を行います。なので、レーザー照射中は、全く痛みは感じることがないです。

また、レーザーには止血作用もあるので、患部からの出血もほとんどないです。ダウンタイムもないので、当日からシャワーを浴びられます。炭酸ガスレーザーでは簡単にほくろを除去できますが、美容皮膚科での施術後には注意点が有ります。それは、照射後の治療部位は徐々にかさぶたになっていきますが、無理やり剥がさないことです。

無理に剥がすと、皮膚に色素沈着を引き起こすからです。基本的にかさぶたは1、2週間で自然に取れていくので、いじらないほうが良いです。それと、施術後は肌が敏感な状態になり、紫外線の影響を受けやすくなります。よって、きちんと紫外線対策をしないと、シミになりやすくなります。

なので、外出する際は日焼けしないように注意したほうが良いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です