美容皮膚科でのほくろ除去

顔の目立つ場所に大きなほくろが有ることで悩んでいる人は意外に多いです。ほくろができる原因は、紫外線を浴びてメラニンが活性化されすぎることです。メラニンが多く分泌されるので、それがほくろとして形成されるのです。美容皮膚科では、主にレーザーによる治療とメスで切開するほくろ除去法が行われています。

両者の中でも体に負担がかからないのが、レーザーによる除去です。このレーザー除去は、炭酸ガスを当てて熱の力でほくろを蒸散させる方法です。これは、通常1cm以下の小さなほくろに適用されます。レーザーは肌に傷を作らず、短時間でほくろを除去することができます。

その次の切開する方法は、メスでほくろを切除して縫い縮める治療です。この治療では、レーザーで除去できない大きなほくろに適用されます。切除する際は麻酔を処置してくれるので、それほど痛みを感じません。ほくろがある皮膚細胞を確実に取り除いてくれるので、再発の恐れがないです。

美容皮膚科で上記のほくろ除去を受けた後は、患部をきれいに保つための注意点が有ります。まず、施術を受けた直後は、患部はとても脆い状態に有ります。なので、なるべく触らないようにしたほうが良いです。顔を洗う時もあまり擦らないようにして優しく洗う必要があります。

それと、美容皮膚科での施術直後はなるべく紫外線に当たらないようにする必要が有ります。刺激に弱いので、紫外線を浴びるとシミになりやすいからです。なので、外出時は紫外線対策をすることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です