セラミドの効果を知る上で抑えておきたい原料について

セラミドは人間の肌、細胞と細胞の間に存在しており、水分と油分のバランスを維持している成分です。これが不足すると肌は乾燥しがちになります。肌の乾燥と言うのは、しみ、しわ、たるみ、更には肌荒れと言ったあらゆる肌トラブルの原因になり得ることなので、肌のセラミドを保つことはとても重要です。ただしこの生成能力や量と言うのは、加齢やストレス、睡眠不足などにより衰え、低下していくので外側から補うことが求められます。

その際に効果的なのが、セラミドが配合されたスキンケア製品を利用する方法です。スキンケア製品に配合されているこの成分は、その原料によりいくつかの種類に分類されます。この中でも、特に肌に対しての高い効果が期待できるのは、主には馬の脳や脊髄から抽出した天然、米やこんにゃくなどを利用した植物性、そして酵母を利用したバイオと呼ばれるものです。反対にあまり効果が期待できないのは、合成と呼ばれるものです。

この合成と言うのは、セラミドを模して、それに近い成分を化学合成によって作り上げた成分です。つまりセラミドとは似て非なる成分と考えることができます。そのため、それと同様の効果を求めるのは難しいと言うことです。そしてもうひとつ、この合成は石油系の原料をもとにして作られています。

よって肌に対しての負担が、他の種類に比べるとかかりやすいとも言うことができます。乾燥肌の場合、それによってバリア機能が低下しており、より肌が敏感になっている可能性も考えられます。そのような時に、石油系原料の成分を使うと、普段以上に大きな刺激を感じてしまうこともあります。ですから効果を求めるのであれば、この合成が配合されたスキンケア製品は避けた方が賢明です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です